ちょっとしたケアレスミス

FX取引の経験の浅い方が為替相場の要を押さえるにはまず取引経験を積み上げていく事が必要です。

特に、あらかじめリスクを察知できるようになるようになるにはポカを積み重ねることも体験のひとつです。

 

ただし、負けたといっても、持ち直せないほど決定的な過ちをする事は許されません。

ちょっとしたケアレスミスを数回重ねる事が最後に自らの経験値を高めてくれるはずだ。

 

そう考えるとまずはわずかな資金でトレードを行ない、これでいくつか取り戻せるミスをすることをおすすめする。

 

仮に、100万円しか投資できない状況で100万円を全部賭けてトレードすると失敗した時、二度と立ち上がれなくなってしまう恐れがあります。

 

それより、たとえば10分の1ずつ分けて注文して、売ったり買ったりを経験した方が、所徐に失敗を埋め合わせる方策なども身についていくはずです。

 

最初はわずかな額で売買する事の有益なところは、先に言及したように、あなたの取引経験を増やしマイナスを回避する技術を身に付けていく事にありますが、一緒に、注文の回数を繰り返して危険性を減らせるという長所もあります。

 

想定として、売買で勝てる可能性が5割だとしよう。

 

言い換えると、同じ確率で損失を生む危険性もあるということになる。

 

勝率5割ということは。

 

半々の可能性で勝てることを表現しています。

 

しかし、全てを注ぎ込んで1度のみの勝負をするということは勝つか、負けるかのいずれかになってしまいます。

 

このままではただのギャンブルと同じです。

 

これは、全ての資金を投入して1度しかエントリーしないと、これでは負ける割合が高まります。

 

だから、資金を1回に全部賭けるのではなく少額ずつ分けて機会を増やす事がリスク回避となります。

 

だからといって少しずつに分割しても全てのトレードでプラスにする事は不可欠ではありません。

 

正しく言うと、勝利する事が出来ないのが実際です。

 

必要なのは、勝つ確率ではなく、どれほど稼ぐかです。

 

勝率5割でも、或いは勝率が低くても利益を出す事は出来ます。

それ以上負けても損失が少しであればわずかな勝ちの儲けで十分利益を上げられます。

そのために重要な事は、損を少なく、利益を大きくを心がけることです。

 

損益が出たら素早く損切りしてそれとは逆に勝てる場面では上手く利益を上げることが、FXビギナーが外為取引でプラスになるための方法です。