話し合い

任意整理は普通借金の整理とも呼んでいて、各貸方に対しての借金の返済を行うことを前もって決めた債務整理の方法となります。

 

その手続きとしては、債務処理経験のある司法書士とか弁護士の資格を持つものお金の貸し手と借り手との仲介をして話し合い法に照らして適切な利息計算を実行して再計算した借りているお金の元金の利子を削ったことで3年前後の期間をめどに返済を目指す債務整理の手順です。

 

この手順を踏む場合はいわゆる裁判所などの機関が関与することがないのでこれ以外の計画と比べても選択したときにおけるデメリットとなる点が少なく手順は借金をしている人に最も負担にならないのでメインとして選択してほしいやり方となります。

 

さらに、貸方がヤミ金業者に類する高額な借入金利の場合には法が明記している金利に追加して返した借入金利分については借入金の元金に充てられると判断し借入金の元金自体をカットすることも不可能ではありません。

 

ということから、サラ金業者などの高い借入利息を取る業者に対して何年も返済し続けているケースだとけっこうな金利分をカットできるようなこともありますし十数年返しているケースだと借金自体が償却される可能性もあります。

 

借金の整理のメリットは自己破産手続きとは異なりある部分のみの負債だけを処理することになるので、他に連帯保証人がいる契約を除いて検討する時や自動車ローンを除き整理したい際なども使用することも可能ですし、財産を手放してしまう必要がないためマイカーや住宅などの個人資産を所有していて、手放したくない場合にも有用な借金整理の手順といえます。

 

今後の返済に必要な額と実際としての可処分所得を検討し、ある程度返済の計画を立てられるのであればこの方法で手続きを進めることは問題ありませんが自己破産と違い借金自体が消えるという意味ではありませんので借りている金額が巨額な場合には、実際に任意整理にての選択肢を選ぶのは容易ではないということがいえるでしょう。

甘酸っぱい箱


次の記事も読んでね!!

  1. コントロールできと思うな
  2. 話し合い